Entries Comments



ヘッジファンドへの投資層

3 10月, 2014 (00:00) | 投資全般 | By: admin

投資信託の種類の一種であり、絶対的な利益を求めるファンドとして知られているのが「ヘッジファンド」です。では、実際のところこのヘッジファンドというのはどういった人達によって買い支えられており、どのような人によって投資が行われているのでしょうか?基本的にヘッジファンドというのは最低の投資価格というのが高く設定されているため、個人投資家が自分だけで投資を行うのはかなり厳しいと言えます。

そのため、ヘッジファンドへの主な投資家というのは機関投資であるといえるでしょう。銀行や退職金基金、投資顧問などによって投資が行われているというのが基本的な状況となっています。ただ、基本的にヘッジファンドは常に利益を求めるために比較的リスクの高い取引などを行うことも多いので、機関投資の場合も全部の投資をヘッジファンドに回すのではなく、ポートフォリオの一部を分配するという形で投資先とされている場合カがほとんどだといえるでしょう。

さらに、有名で実力のあるヘッジファンドになると、自分から投資者を選ぶ場合もあります。お金さえあれば誰でも投資できるというものではなく、そもそも投資総額にも上限が存在しているなど、個人が参加するのは困難です。

【参考】海外投資の成功の秘訣は、信頼できるアドバイザーをもつこと

Write a comment